青森りんごの紹介

青森りんごの発展に功績を残した代表的な人物

菊池楯衛(きくちたてえ)

*

【明治初期】
りんご栽培の最初の苗木配布者及び試植者で、青森りんごの開祖といわれる。青森県にりんご栽培が適することを確かめ、りんごの栽培技術を広めて、本県がりんご主産地になる基礎を作った。

 
外崎嘉七(とのさきかしち)

*

【明治中期~大正】
明治中・後期の病害虫多発期に、樹形改造、袋かけ、ボルドー液散布などの普及に努め、りんごの神様と慕われた。りんご危機克服の大号令者である。

 
澁川傅次郎(しぶかわでんじろう)

*

【戦後~昭和40年初期】
青森りんごの戦後復興の祖と言われ、第二次大戦で荒廃したりんご園を復興するため、先頭に立って運動し、りんご生産者で組織する「青森県りんご協会」を設立した。

 
木村甚彌(きむらじんや)

*

【昭和20年代~40年代】
青森県りんご試験場でりんごの病害研究に従事し、当時、風土病といわれたモニリア病の解明や防除法の確立に貢献した。また、昭和27年から45年までりんご試験場長を務め、りんご病害虫防除やわい性台木の導入などに尽力した。

 
 
ページの先頭に戻る