青森りんごの紹介

青森県のあらまし

りんごの種類は?

りんごには、たくさんの品種があり、味はもちろん大きさや色、形などさまざまです。 さて、どのくらいの品種があるのでしょうか?

世界 約15,000種
日本 約2,000種
県内で栽培されているのもの 約50種
市場に出荷されているもの 約40種

このようにたくさんの品種がありますが、青森県農林総合研究センターりんご試験場では、このうち約300種が栽培されています。

収穫時期と出荷時期

青森りんごは、8月から11月まで品種ごとに収穫されます。青森県では、収穫時期により次のように分類しています。

8月20日頃までに収穫するもの 極早生種
9月20日頃までに収穫するもの 早生種
10月20日頃までに収穫するもの 中生種
10月20日頃以降に収穫するもの 晩生種

収穫されたりんごは順次出荷されますが、「ふじ」のように貯蔵により翌年の8月まで出荷されるものもあります。ここでは、収穫される時期ごとに主なものを紹介します。

夏緑(なつみどり)

* 種類 極早生種(ごくわせしゅ)
収穫 8月上~中旬
両親 (母親)きたかみ×(父親)メク10(メク10:つがる×祝)
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、昭和58年に品種登録されました。
  • 150グラム程度の円形で、緑黄色に淡紅の縞が入ります。
  • 甘味のある品種で果肉はやや硬め、ち密で多汁です。

きおう

* 種類 早生種
収穫 8月末~9月上旬
両親 (母親)王林×(父親)はつあき
説明
  • 岩手県園芸試験場が育成し、平成7年に品種登録されました。
  • 300グラム程度の円~扁円形で、黄色で光沢があります。
  • 果肉は硬めで果汁が多く、甘酸適和です。

未希ライフ

* 種類 早生種
収穫 8月末~9月上旬
両親 (母親)千秋×(父親)つがる
説明
  • 工藤清一氏(青森県弘前市石川)が育成し、平成4年に品種登録されました
  • 250グラム程度の円形で、褐紅色に縞が入ります。
  • 果肉はやや硬めで果汁が多く、甘酸適和です。

つがる

* 種類 早生種
収穫 9月上~中旬
両親 (母親)ゴールデンデリシャス×(父親)紅玉
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、昭和50年に品種登録されました。
  • 300グラム程度の長円形で、紅色の地に鮮紅色の縞が入ります。
  • 果肉は硬めでち密、多汁、甘味が強く食味良好です。

彩香

* 種類 早生種
収穫 8月末~9月上旬
両親 (母親)あかね×(父親)王林
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、平成13年に品種登録されました。
  • 300グラム程度の円~長円形で、鮮やかな紅色です。
  • 果肉は硬めでややち密、多汁、甘酸適和で食味良好です。
  • 「彩香」は生食用果実のみの商標で、それ以外では品種名「あおり9」を使用します。

とき

* 種類 中生種
収穫 10月上旬
両親 (母親)王林×(父親)ふじ
説明
  • 青森県五所川原市の土岐伝四郎氏が育成し、平成16年に品種登録されました。
  • 350グラム程度の円~扁円形で、果皮は黄色です。
  • 果汁が多く、甘酸適和で、香り・食味が良好です。

紅玉

* 種類 中生種
収穫 10月中旬
両親 自然交雑実生
説明
  • アメリカ・ニューヨーク州原産で、日本には、明治4年に開拓使が導入しました。
  • 240グラム程度の円形で、鮮やかな濃い紅色です。
  • 果肉はち密、甘酸適和で食味良好です。
  • 加工適性が高く、ジュースやお菓子、料理用として一番人気です。

スターキング・デリシャス

* 種類 中生種
収穫 10月中~下旬
両親 デリシャスの枝がわり
説明
  • アメリカ・ニュージャージー州原産で、日本には、昭和4年に青森県りんご試験場が導入しました。
  • 300グラム程度の長円錐形で、黄色地に濃い紅色の縞が入ります。
  • 果肉はち密で果汁が多く、ほのかな酸味と甘味があります。
  • 強い芳香があります。

世界一

* 種類 中生種
収穫 10月中旬
両親 (母親)デリシャス×(父親)ゴールデンデリシャス
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、昭和49年に学会発表されています。
  • 500グラム程度でとても大きく目立ちます。
  • 円錐形で、鈍紅色に紅色の縞が入ります。
  • 果肉はやや硬め、ち密、多汁で、微酸と甘味があります。

ジョナゴールド

* 種類 中生種
収穫 10月中旬
両親 (母親)ゴールデンデリシャス×(父親)紅玉
説明
  • アメリカ・ニューヨーク州立農業試験場が育成し、日本には昭和45年に秋田県果樹試験場が発導入しました。
  • 350グラム程度の円~長円錐形で、黄色地に紅色が入ります。
  • 果肉はち密、甘酸適和(かんさんてきわ)で食味良好です。
  • 独特の酸味から、ジュースなどの加工需要があります。

北斗

* 種類 中生種
収穫 10月中~下旬
両親 (母親)ふじ×(父親)陸奥
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、昭和58年に品種登録されました。
  • 400グラム程度の円形で、黄色地に紅色の縞が入り、紫紅色となります。
  • 果肉はち密、果汁が極めて多く、甘酸適和で食味良好です。
  • 蜜がよく入ります。

早生ふじ

* 種類 中生種
収穫 9月末~10月上旬
両親 ふじの枝がわりや交雑実生
説明
  • 「ひろさきふじ」「紅将軍」「昴林」「涼香の季節」「ほのか」「やたか」などがあります。
  • 外見、食味とも「ふじ」に似ていますが、「ふじ」より約1か月程度早く収穫できる、「ふじ」の早熟系統です。
※写真は「ひろさきふじ」です。

陸奥

* 種類 中生種
収穫 10月中~下旬
両親 (母親)ゴールデンデリシャス×(父親)印度
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、昭和24年に品種登録されました。
  • 500グラム程度と大玉で円錐形(えんすいけい)です。
  • 無袋の緑黄色、有袋の紅色があります。
  • 果肉は硬めで食味良好です。
  • 芳香があり、高い加工適性があります。
※写真左が無袋、右が有袋のどちらも「陸奥」です。

シナノゴールド

* 種類 中生種
収穫 10月中~下旬
両親 (母親)ゴールデンデリシャス×(父親)千秋
説明
  • 長野県果樹試験場(須坂市)で選抜育成し、平成11年に品種登録されました。
  • 360グラム程度の円~長円形で、黄色です。
  • 香りがあり多汁で、高い糖度と十分な酸味があります。
  • 貯蔵性に優れています。

王林

* 種類 晩生種
収穫 11月上旬
両親 (母親)ゴールデンデリシャス×(父親)印度
説明
  • 福島県伊達郡桑折町の故大槻只之助氏が育成し、昭和27年に命名されました。
  • 300グラム程度の長円~長円錐形で、緑黄色です。
  • 果肉はやや硬めでち密、多汁で、微酸、甘味があり食味良好です。
  • 独特の芳香があります。

ふじ

* 種類 晩生種
収穫 11月上旬
両親 (母親)国光×(父親)デリシャス
説明
  • 農林省園芸試験場東北支場(当時藤崎町)が育成し、昭和37年に命名・登録されました。
  • 350グラム程度の円~長円形で、褐紅色の縞が入ります。
  • 果肉はやや粗く、果汁が極めて多く、甘酸のバランスに優れ食味良好です。
※写真は無袋です。

金星

* 種類 晩生種
収穫 11月上旬
両親 (母親)ゴールデンデリシャス×(父親)国光
説明
  • 青森県弘前市の佐藤肇氏が育成し、昭和47年に品種登録されました。
  • 350グラム程度の円~円錐形で、果点がやや粗いです。
  • 果肉は硬く、多汁で、甘味が強く味が濃厚です。
  • 無袋は緑黄色、有袋はきれいな黄色です。
※写真は有袋です。

りんごの品種改良

りんごの品種改良は、普通、めしべにほかの品種の花粉を付着させる「交雑育種」という方法で行います。
外観、食味、収穫時期など目標を設定し、それにしたがって、父親、母親を決めて授粉し、その果実から種を採ります。種を育て、樹にりんごがなるのを待ち、できたりんごを吟味しながら、選抜していきます。
このような品種改良により新しい品種ができるまでには、20年以上を要する場合があります。

新品種紹介

青森県の新しい品種を紹介します。どれもみな個性豊かなりんごです。

鮮やかな紅色は北国青森の熱い心
北紅™
* 種類 中生種
収穫 10月上旬
両親 つがるとデリシャス系の組合せ
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、平成15年に「あおり13」として品種登録されました。
  • 350~400グラム程度の大玉で、濃い紅色です。
  • 糖度は14~15%程度、酸度は0.3%程度で「ふじ」より甘いりんごです。
  • 香りがありジューシーで、蜜がたっぷり入ります。
金貨のようなまばゆい黄色がりんごの未来を映す
星の金貨™
* 種類 晩生種
収穫 10月下旬
両親 (母親)ふじ×(父親)青り3号
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、平成16年に「あおり15」として品種登録されました。
  • 250~300グラム程度と手頃な大きさで、黄色です。
  • 糖度は15~16%程度、酸度は0.3%程度で「ふじ」より甘いりんごです。
  • 食感が良く、皮が薄いので丸かじりにも最適です。
鮮やかな紅色は北国青森の熱い心
あおり11
* 種類 極早生種
収穫 8月中旬
両親 (母親)北の幸×(父親)ジャージーマック
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、平成16年に「あおり11」として品種登録されました。
  • 250グラム程度の円~長円形で、紅色、縞が入りますが不明瞭です。
  • 糖度は12%程度、酸度は0.45%程度で、甘酸適和、食味良好です。
  • 果肉はきめが滑らかでジューシーです。
鮮やかな紅色は北国青森の熱い心
あおり12
* 種類 極早生種
収穫 8月中旬
両親 (母親)北の幸×(父親)ジャージーマック
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、平成16年に「あおり12」として品種登録されました。
  • 300グラム程度と極早生の中では大玉で、紅色の果皮に縞が入ります。
  • 糖度は11%程度、酸度は0.64%程度で、酸味が強く、さっぱりした味のりんごです。
りんごの季節がやって来た!燃える赤が青森の夏を盛り上げる
あおり16
* 種類 極早生種
収穫 8月中旬
両親 (母親)北の幸×(父親)ジャージーマック
説明
  • 青森県りんご試験場が育成し、平成16年に「あおり16」として品種登録されました。
  • 150~200グラム程度の小玉で、濃紅色、着色に優れます。
  • 糖度は16%程度、酸度は0.43%程度で、甘みが強く、食味のいいりんごです。
 
ページの先頭に戻る