りんごの美容・健康・ダイエットサポートなど成分や効果を紹介!りんごで美活サイト

青森りんご  インスタグラム 青森りんご Facebook
このサイトについて

スポーツ栄養士のりんご活用術

りんごを食べて、夏バテにならない身体づくりをしよう

2018.08.01 更新
佐藤彩香 栄養士/スポーツ栄養士/予防医学士

佐藤彩香 栄養士/スポーツ栄養士/予防医学士

企業、保育園で、栄養カウンセリング、献立作成、栄養計算、店舗運営を経験。
その後独立。健康を土台とした実践型の栄養サポートを行い、プロアスリート~スポーツキッズ、ダイエット希望の方など累計3000人を超える方と関わる。
現在はセミナー講師、ライター活動、レシピ開発なども行いながら、「あなたのかかりつけ栄養士」として、健康の価値を広め、笑顔の方を増やす活動をしている。

こんにちは。暑い日々が続きますね。夏バテしていないでしょうか?

暑さで、疲労を感じやすくなっている今だからこそ、疲労回復によいリンゴ酸が入っているりんごを食べてもらいたいです。

エネルギーを作り出す際に必要な2つの成分をりんごはしっかりと含んでいます。
またそれだけでなく、その成分たちは、食欲増進効果も期待ができます。
唾液の分泌を促して食欲を増進させるばかりでなく、胃液やその他の消化酵素の分泌を高めて、消化吸収を助けてくれます。

ですので、食欲がない夏バテ気味の方にはまず少量りんごを食べてから、他のものを食べていくという方法が合うかもしれないですね。

とくに暑い日に身体を動かしたときは、より意識して食べていただくといいです。
少しずつ食事にりんごを取り入れる習慣をつけて、バテにくい身体を手に入れましょう。

Pickup!!