りんごの美容・健康・ダイエットサポートなど成分や効果を紹介!りんごで美活サイト

青森りんご  インスタグラム 青森りんご Facebook
このサイトについて

青森りんごファンの専門家によるリレーコラム

真っ赤なリンゴジャム(冷凍レシピ)

2020.04.01 更新

こんにちは。
野菜ソムリエプロ、冷凍生活アドバイザーの土師智子です。
第8回(4月)のレシピを担当させていただきます。

秋から冬にかけて代表的な果物といえばリンゴ。
保存技術の進歩により1年中鮮度のよいリンゴが手に入りますが、より多くのリンゴが出回るこの時期に、まとめ買いして冷凍保存してみてはいかがでしょうか?

リンゴはよく洗ってから皮ごと8~16等分にスライスし芯を取ります。
それぞれラップで包み、冷凍用ファスナー付きの保存袋に入れて冷凍します。
凍ったまま冷凍スイーツとして食べてもジュースやスムージーにしても良いですね。

今日は、ひと手間かけて冷凍リンゴをつかった真っ赤なジャムの作り方をご紹介します。
冷凍することで繊維が壊れて、短時間で皮ごとジャムにすることができますし、皮ごとジャムにすることでリンゴの皮に含まれる食物繊維やポリフェノールなどを無駄なく摂取することができてお勧めです。

真っ赤なリンゴジャム(冷凍レシピ)

真っ赤なリンゴジャム(冷凍レシピ)

材料(作りやすい分量)

紅玉リンゴ 2個(芯を取った状態で300g)
砂糖(グラニュー糖) 60g(リンゴの重さの20%)
レモン汁 30g(リンゴの重さの10%)

作り方

  1. 下準備~冷凍 リンゴを4つ割りにし芯をとります。さらに縦に4等分してから3~5㎜ほどの薄切りにします。
  2. ①のリンゴ、砂糖、レモン汁を保存袋に入れ、袋の外から軽くもみます。平らなところに置いて中の空気を抜くようにジッパーを閉めて冷凍します。この時、薄くしておくと後の作業が楽になります。

  3. 解凍~調理 ②の冷凍したリンゴを袋の上から割って、ホーローの鍋に入れます。
    しばらくそのまま常温に置き、溶けてきたら大きめのスプーンでくずし、シャーベット状になったら中~弱火にかけます。
  4. 煮立ってきて水分が赤く色づいてきたら、スプーンで果肉をつぶしながらかき混ぜ、焦がさないように煮つめます。果肉が赤く染まり、好みの濃度になったら完成です。
\haze_tomoko

プロフィール:土師 智子(はぜ ともこ)

・野菜ソムリエプロ・冷凍生活アドバイザー

夫婦でパンとコーヒーと野菜の店「パン処おひさま」を営んでいます。
旬の野菜や果物を使った身体にやさしいパンをご提供しています。

FaceBook:パン処おひさま

Pickup!!